講習会/研修会産業応用・利用支援Gホーム
お知らせ研究会情報SPring-8ホーム


2001.8.1

SPring-8講習会

「高分子材料と放射光(SPring-8)への期待」

主 催:(財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
日 時:2001年9月19日(水) 10:00〜17:00
会 場:大阪市立大学文化交流センター ホール(大阪駅前第三ビル 16F)
       〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3-1700   電話06-6344-5425
共 催:高分子学会関西支部       後 援:SPring-8利用推進協議会
1997年より稼働したSPring-8では,高輝度で指向性の強いシンクロトロン放射光が主にX線領域における高品質な光源として利用可能となり,あらゆる材料分野において,物質のミクロな構造と機能の解明,新材料の開発に期待されています。しかし高分子材料においては,主に軽元素から構成され,また結晶化度も低いことから,他の材料と比較すると放射光の適用は数少ないのが現状です。
 本講習会では,高分子材料に対する放射光利用のメリット・期待などを含めて,経験豊富な講師が実例をわかりやすく紹介します。
 
プログラム
時 間 題 目 内 容 講 師
10:00〜
 10:30
挨拶・
 SPring-8と放射光
 実験室X線と比較しながら放射光の特徴を説明し,世界最大級の放射光施設SPring-8の現状についての概略を紹介する。 中前 勝彦
(JASRI)
質疑・応答
10:30〜
 11:45
放射光を用いたX線回折・散乱法
 による高分子材料のナノ構造解析
 ブロック共重合体のミクロ相分離構造を中心に、表記の内容について解説し、高輝度放射光の有効性について言及する。 櫻井 伸一
(京都工芸
 繊維大学)
質疑・応答
11:45〜
 12:45
(昼食 / 放射光利用相談会)
12:45〜
 14:00
ポリエチレンの破壊挙動の解析  密度を異にするポリエチレンの破壊挙動について,放射光を用いたin situ測定により,力学的強度と分子構造との関連性について紹介する。 笠原 達也
(住友化学)
質疑・応答
14:00〜
 15:15
X線反射率による高分子薄膜・
 界面のナノ構造解析
 両親媒性高分子の気液あるいは固液界面における構造と集合体形成のメカニズムを、X線・中性子等の反射を利用した手法により解析した実例について紹介する。 松岡 秀樹
(京都大学)
質疑・応答
15:00〜
 15:30
(コーヒーブレーク / 放射光利用相談会)
15:30〜
 16:45
高分子秩序化過程の
 放射光による解明
 溶融状態からの結晶化や溶媒吸収に伴う結晶化など,結晶性高分子の秩序化過程における構造変化を放射光を用いて詳細に検討した実例について紹介する。 田代 孝二
(大阪大学)
質疑・応答
16:45〜
 17:00
ま と め 中前 勝彦
(JASRI)

 

定 員: 50名 (聴講無料)
申込方法: 締め切りました!(9月14日(金)17時)
以降の参加申し込みは当日会場で受付しますので、直接会場にお越しの上、名刺をご用意下さい。
問合せ先: (財)高輝度光科学研究センター
竹内やよい TEL 0791-58-0947