産業応用・利用支援グループ タイトル
SPring-8研修会
<赤外顕微分光測定>

概要

 SPring-8では、赤外物性ビームラインBL43IRを共用ビームラインとして提供し ています。 本研修会は、BL43IRの特徴を講義と実習を通して理解し、今後の研究計画の一助として頂くことを目的としています。 講義では、赤外放射光の特徴およびBL43IRの概要を説明し、BL43IRで用意している4つのステーション (赤外顕微分光、磁気光学、赤外表面科学、吸収反射分光)の現状を報告します。実習においては、 赤外放射光光源の特徴を生かした赤外顕微分光測定について、光学調整、試料準備、測定のデモンストレーションを行い、 実際に体験して頂きます。また、ご希望の方は試料を持ち込んで頂き、時間が許す範囲で透過スペクトル測定を行います。

日時 2003年2月4日(火)11:00〜17:00
会場 大型放射光実験施設 SPring-8
講義 :リング棟 A中央セミナー室
研修 :BL43IR
内容
2月 4日(火)
-11:00 各自ユーザー手続き
(人によって所要時間が違います。特に初めて来所の人は早めに来て頂く必要があります。)
11:00-12:00
講義
BL43IR赤外ビームラインの概要 木村洋昭(JASRI) 30分
表面および吸収反射ステーションの現状 森脇太郎(JASRI) 15分
顕微分光および磁気光学ステーションの現状 池本夕佳(JASRI) 15分
13:00-17:00
実習
装置説明、測定デモンストレーションおよび測定実習
(可能であれば参加者持ち込み試料の測定)
定員 10名程度
申込方法 申込ページ http://support.spring8.or.jp/training/infr030204_form.html からオンラインで申込してください。
申込締切 2003年 1月20日(月)
その他
注意事項
・持ち込み試料について
透過配置で測定可能な試料とします。また、安全法規上問題のないもの、汚染 ・破損・紛失しても構わないものを対象といたします。 測定波数領域や形状等 につきましては相談に応じます。

・本研修会の参加にはSPring8 User登録、放射線従事者登録などの諸手続きが完了されていることが必要です。 また、持ち込み希望サンプルについては、安全管理室審査の手続きが必要となります。 参加受付後これらの手続きに関するご案内をいたします。

・学生の方は「学生保険」等に加入していることが必要です。

・参加者への連絡などは全てe-mailで行います。 参加の手続にはオンライン登録や書類のダウンロードが必要です。 インターネットに接続できる環境をご用意ください。

・研修会への参加は無料です。

・研修会参加者への旅費支給等はありません。

・申込者多数の場合は、当方での調整に一任願います。

・前日および当日に宿泊が必要な方は、SPring-8交流施設 をご利用いただけます(2000円/泊)。
問合せ先

ご質問、ご要望はメールにてお願いします。

実習担当:
 (財)高輝度光科学研究センター
 利用促進部門I
 担当:池本夕佳
 e-mail : ikemoto@spring8.or.jp

事務担当:
 (財)高輝度光科学研究センター
 所長室産業応用グループ
 担当:竹内 やよい、飯野 潔
 Tel:0791-58-0947 Fax:0791-58-0948
 e-mail : support@spring8.or.jp


SPring-8 財団法人 高輝度光科学研究センター 産業応用・利用支援グループ

|講習会/研修会 |産業応用・利用支援Gホーム |お知らせ |研究会情報 |SPring-8ホーム |