お知らせ研究会情報SPring-8ホーム
SPring-8研修会
生体高分子結晶構造解析研修会 No.4
<MAD用X線吸収端測定法>

開催と参加者募集のお知らせ
 
SPring-8生体高分子結晶構造解析ビームラインにおいて、MAD測定データ収集の機会が増えていますが、 そのためのX線吸収端測定に先駆けて、先ず理論を理解することが重要であると考慮し、講習を行います。 また、測定したスペクトルから吸収端などの情報を解析するために広く利用されているソフトウエア(CHOOCH) について、説明する機会を設けました。
追加として、SPring-8光学系制御システムと関連付けてADSC Quantum 4R のコントローラより機能するMAD自動測定システムの紹介を行う予定とします。

目的 MAD測定データ収集のためのX線吸収端測定法の理解
 
日時 2001年3月8日(木) 14:00より 15:30まで
当日は3月8日(木)12時まで、SPring-8 普及棟において、SPring―8利用技術に関するワークショップが開催されますが、その終了後に実施したいと思います。
 
場所

大型放射光実験施設 SPring-8

D2セミナー室 <リング棟D2扉直ぐ横>
 
プログラム
時間内容場所
113:45集合D2セミナー室
214:00 - 14:40MAD解析とそのデータ収集における吸収端測定法の理論と実例紹介

講師:中川 敦史(大阪大学)

314:40 - 15:00X線吸収端解析ソフトウエア(CHOOCH)の概要

講師:熊坂 崇 (理研)

415:00 - 15:20SPring-8 ADSC MAD自動測定用システム追加内容紹介
(質疑応答)

三浦 圭子 (JASRI)


15:30 終了予定
 
講師 中川 敦史 (大阪大学 蛋白質研究所)
熊坂 崇 (理化学研究所 播磨研究所)
担当 三浦 圭子((財)高輝度光科学研究センター)
参加対象 SPring-8 蛋白結晶X線回折データ収集 経験者・予定者
 
募集定員 約30名
(申込者多数の場合は、当方での調整に一任願います。)
 
申込方法

・Webからの申込
[申込書フォーム] にご記入ください。

・FAXでの申込(Webからの申込ができないときのみ)
[申込書(ファックス送信票)] にご記入の上、下記宛てに御送信ください

   (財)高輝度光科学研究センター 利用業務部
    (産業利用推進支援グループ) 担当)飯野/光川
    Tel:0791-58-0947 Fax:0791-58-0948

 
締切 2001年2月28日(水)
(3月1日(木)に事務局より返事をする予定です)
 
その他

・申込者多数の場合は、当方での調整に一任願います。

・研修会への参加は無料ですが、旅費等の支給はありません。

・前日および当日の宿泊が必要な方は、SPring-8交流施設をご利用いただけます(2000円/泊)。 予約の手続き方法については、締め切り後に指示します。

・管理区域外でのみの講習会となりますので、ユーザーカード発行、放射線教育等の諸手続は必要ありません。


お問い合わせは、e-mailにて support@spring8.or.jp までご連絡ください。

(財)高輝度光科学研究センター 利用業務部
(産業利用推進支援グループ) 担当:飯野/光川

(財)高輝度光科学研究センター 利用促進部門
利用支援グループ 担当:三浦