産業応用・利用支援グループ タイトル
SPring-8講習会
<放射光の産業利用>

主催 (財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
後援 日本放射光学会
日時 2003年7月10日(木) 13:00〜17:00
会場 サンメッセ鳥栖 3階(大会議室2)(地図)
〒841-0026 佐賀県鳥栖市本鳥栖町235番地11
TEL 0942-84-2121 FAX 0942-84-2201

概要

 SPring-8は、世界最高性能の第3世代放射光施設として、学界および産業界に広く門戸を開いており、 既に多くの共同利用が行われ、成果を上げております。
 この講習会では、産業利用の分野において、具体的な開発製品が見え、 成果がまとまってきているものを紹介していただくと共に、 利用技術の面から、放射光の産業利用の可能性について紹介します。 また、現在建設中の佐賀県シンクロトロン施設の現状と将来計画を紹介します。
 放射光を利用した分析・評価等に、ご関心のある方々の参加をお待ちしております。


プログラム
13:00〜
13:30
耐摩耗性被膜の応力深さ分布解析
土屋 新(三菱マテリアル)
切削工具に用いられるセラミックス被膜と超硬合金基体との界面近傍の残留応 力は被膜剥離特性に大きく影響することが知られている。放射光を用いて被膜の応力 深さ分布を測定し、界面近傍の応力状態と被膜構造、成膜条件の関係を明らかにする ことで、被膜の耐剥離性向上を目指している。
13:30〜
14:00
高平行X線マイクロビームによる半導体結晶の評価
津坂 佳幸(姫路工業大学)
各種半導体デバイスには、歪みの局在が素子特性や結晶成長に影響を与えているものが少なくない。 放射光を用いて形成した高平行X線マイクロビームはこれらデバイスの評価に有用である。 講演では、このマイクロビームの形成とシリコンLSIにおける絶縁膜エッジや次世代基板のSOIウェーハーの評価結果について述べる。
14:00〜
14:30
SPring-8におけるX線イメージング
梶原 堅太郎(JASRI)
X線によるイメージングは試料の非破壊内部観察が可能であり、 また得られる情報が直感的に理解できるため工業材料などの内部構造分布の観察に有効な手段である。 特にSPring-8の高輝度・高エネルギーのX線を用いることで、 さまざまな環境下における試料のin-situ観察が可能である。 講演ではいくつかの手法と観察例を紹介する。
14:30〜
15:00
高エネルギー蛍光X線分析による陶磁器の産地推定
寺田 靖子(JASRI)
我々にとって身近な存在である陶磁器を例に、放射光を用いた蛍光X線分析を紹介する。 講演では、SP-8でしか得られない高エネルギーX線による重元素の分析およびこれらの結果を利用した陶器の産地推定について述べる。
15:00〜
15:20
(休 憩)
15:20〜
15:50
コベルコ科研における合金材料のSR-XAFS解析
渡部 孝 (コベルコ科研)
コベルコ科研は過去13年間、機能材料の化学結合状態、原子・分子スケ−ルの構造解析にSR-XAFSを採用してきた。 1999年にSPring-8 BL16B2/XU (サンビ−ム)の利用が始まってからは、年間20日弱のビ−ムタイムにより、 多種多様な系への応用を進めている。本講演では対象を合金材料(Al合金、マイクロアロイ等)に絞り、構造解析例を紹介する。
15:50〜
16:30
産業利用の現状と将来
古宮 聰 (JASRI)

16:30〜
17:00
佐賀県シンクロトロン光計画の現状と将来計画
岡島 敏浩 (佐賀県地域産業支援センター)
佐賀県シンクロトロン光応用研究施設は、平成16年度中の業務開始を目指し、 光源とビームラインの整備が進められている。 当施設は、シンクロトロン光の産業利用を目指した応用研究を中心に据え、 その成果を新しい産業や地域産業の高度化に活かすことを目的としている。 講演では、施設の整備状況や将来計画について紹介する。
定員 60名(聴講無料)
申込方法 こちらのページ(http://support.spring8.or.jp/training/saga030710_form.html)にて申し込みください。
申込締切 7月4日(金)
(定員になり次第締め切ります)
問合せ先 (財)高輝度光科学研究センター
利用支援室 辻、竹内
TEL:0791-58-0924, FAX:0791-58-0948
e-mail : support@spring8.or.jp

SPring-8 財団法人 高輝度光科学研究センター 産業応用・利用支援グループ

|講習会/研修会 |産業応用・利用支援Gホーム |お知らせ |研究会情報 |SPring-8ホーム |