締め切りました。 SPring-8研修会 <高分子X線小角散乱>
SPring-8 研修会
高分子材料のための小角X線散乱実験法
 
主  催 財団法人 高輝度光科学研究センター
共  催 社団法人 高分子学会
日  時 2006年 9 月 29日(金) 9:00 - 17:00
講義会場 SPring-8 リング棟 A 中央セミナー室
実習会場 SPring-8 リング棟 BL40B2
概要
SPring-8 共用ビームラインを使った高分子材料に対する小角X線散乱(Small-Angle X-ray Scattering : SAXS)実験法の研修会を行います。  SAXS法では、高分子材料の高次構造、すなわち、ラメラ晶の凝集構造、ミクロドメイン構造、相分離構造などをナノ〜サブミクロンスケールで評価することが出来ます。  本研修会では、講義と実習を通して BL40B2の光学系 および実験装置の特徴を理解してもらい、適切な実験計画に基づいて効率よく実験成果を出してもらうことを目的とします。  実習では、標準的な高分子試料と参加者の持参された試料の測定を行います。
プログラム

時間  講義/実習 内容 講師
09:00-10:30     各自ユーザー手続き  
10:30-11:00 講義 1   課題申請から実験までの流れ 佐々木 園
11:00-11:30 講義 2   BL40B2の光学系と測定装置 井上 勝晶
11:30-12:00 講義 3   高分子材料のSAXS実験法 田代 孝二 
13:30-14:30 実習 1   測定手順の説明、デモ試料測定  
14:30-17:00 実習 2   持ち込み試料による実習測定  

参加要項
対 象 者 ・ SPring-8 で高分子材料に対するSAXS実験を計画したい方
・ 課題申請をしたが実験装置の使用経験が少なく、実験法を習得したい方
(講義に参加・実習は見学(放射線登録なし)も可能です。)
定   員 約10名
参加者選定法 担当者・講師に一任
ユーザー持込試料  1) 試料サイズ及び量
今回は主に固体試料の測定を行います。 溶液及びゲル試料の測定を希望される方は、事前に担当者にご連絡ください。
a) 塊状試料 : 縦 x 横 x 厚さ : 5mm以上 x 5mm以上 x 約1〜2mm
b) 粉末試料 : 20mg以上
2) 安全・法規上問題のないもの。
3) 汚染、破損、紛失してもかまわないもの。
申 込 方 法

応募者多数の為、締め切りました。

申 込 締 切 9月15日(金)17:00
そ の 他 翌日9月30日(土)、SPring-8普及棟にて開催予定の「SPring-8利用者懇談会ポリマーサイエンス分野会議」にて、 SAXSデータ解析法と研究事例について講演があります。 ご興味のある方は、研修会担当にお問い合わせください。
お問合せ先
研修会担当 (財)高輝度光科学研究センター(JASRI) 利用研究促進部門 構造物性Iグループ 佐々木園
TEL: 0791-58-0833, FAX:0791-58-1873 e-mail : sono@spring8.or.jp
事務局 (財)高輝度光科学研究センター(JASRI) 研究調整部 研究業務課 垣口、笠原
TEL:0791-58-0839, FAX:0791-58-0988 e-mail : workshops@spring8.or.jp