講習会/研修会産業応用・利用支援Gホーム
お知らせ研究会情報SPring-8ホーム

SPring-8研修会

<大型デバイシェラーカメラを用いた粉末X線回折>

(この研修会はすでに締め切りました)


 

SPring-8共用ビームラインを使った粉末X線回折実験の研修会を行います。
 粉末X線回折実験が実施されている共用産業利用ビームラインであるBL19B2を講義と実習を通して光学系・実験装置の特徴を理解してもらい、有効な実験成果を出してもらうことを目的とします。
 実習では、粉末X線回折実験に適した一般的な試料の作成方法とCeO2などの標準試料の測定、得られたデータの簡単な解析のデモンストレーションを行い基本的な操作を習得していただきます。さらに今回は精密構造解析に適した従来のキャピラリー充填の粉末測定にこだわらず、応用技術向上のため、実材料の形状を維持した状態、例えばバルク、繊維、基板等の測定も行いますので参加者皆様からの斬新なテーマ提案もお待ちしております。

日時 日時: 2002年 07 月 03 日 (水) 10:30 〜 17:00
会場 大型放射光実験施設 SPring-8
研修 :リング棟BL19B2第2ハッチ
講義 :リング棟B2セミナー室
内容
-10:30 各自ユーザー手続き
10:30-12:00
講義
1)課題申請から実験まで 古宮聡(JASRI)
2)大型デバイシェラ−カメラによるX線回折の基礎: 結晶・薄膜の構造及び表面評価法 高田昌樹助教授(名古屋大学)
3)BL19B2の光学系と測定の実際 本間徹生(JASRI)
13:30-15:00
実習
装置説明・試料作成実習
15:00-17:00
実習
デモデータ測定 データ解析実習
17:00-
実習
参加者持ち込み試料の測定
測定終了次第終了
対象者 ・SPring-8で粉末X線回折実験を計画したい方
・課題申請をしたが実験装置の使用経験が少なく、習得したい方
・デバイシェラーカメラの応用に興味ある方
募集定員 約10名
申込方法 締め切りました
申込締切 2002年6月12日(水)
その他・注意事項 ・研修会参加者は下記の文献を参照してきてください
-「X線回折・散乱技術(上)」(菊田惺志著)(東大出版会)
- 放射光第14巻第3号(2001)190「IPを用いた高エネルギー放射光粉末X線回折」
- 応用物理学会誌Vol.71,No.3,「X線回折(T)」、Vol.71,No.4,「X線回折(U)」

・持込試料の制限は次の通りです。持込を希望する方は事前に必ず北野kitano@spring8.or.jpまでお問い合わせください。
 サイズ20mm×20mm以下のもの
 安全、法規上問題のないもの
・本研修会の参加にはSPring8 User登録、放射線従事者登録などの諸手続きが完了されていることが必要です。 また、持ち込み希望サンプルについては、安全管理室審査の手続きが必要となります。 参加受付後これらの手続きに関するご案内をいたします。
・研修会への参加は無料です。
・研修会参加者への旅費支給等はありません。
・申込者多数の場合は、当方での調整に一任願います。
・前日および当日に宿泊が必要な方は、SPring-8交流施設をご利用いただけます(2000円/泊)。

ご質問、ご要望はメールにてお願いします。

(財)高輝度光科学研究センター
実習担当:
 利用促進部門I
 担当:北野彰子
e-mail : kitano@spring8.or.jp
事務担当:
 所長室 産業応用グループ
 担当:竹内 やよい、飯野 潔
Tel:0791-58-0947 Fax:0791-58-0948
e-mail : support@spring8.or.jp