産業応用・利用支援グループ タイトル
SPring-8研修会
<残留応力測定>

概要

 SPring-8共用ビームラインを使った残留応力測定実験の研修会を行います。 放射光を用いたX線残留応力測定実験が実施されている共用ビームラインであるBL19B2の多軸回折計について、 講義と実習を通して光学系・実験装置の特徴を理解してもらい、 適切な実験計画に基づいて有効な実験成果を出してもらうことを目的とします。 実習では、標準的な板状多結晶試料の残留応力測定について、 多軸回折計の実験開始時の光軸調整、測定試料のセッティングから応力測定の実行にいたるまでの手順のデモンストレーションを行います。 また実際に光軸調整と試料のセッティングの手順を体験していただき、時間が許せば持ち込んでいただいた試料の応力測定を体験していただきます。

日時 講義: 2003年9月17日(水) 15:00〜18:00
実習: 2003年9月18日(木) 10:00〜20:00 
会場 大型放射光実験施設 SPring-8
講義 :リング棟A中央セミナー室
実習 :リング棟実験ホールBL19B2
内容
9月17日(水)
-15:00までに 各自ユーザー手続き
(人によって所要時間が違います。特に初めて来所の人は早めに来て頂く必要があります。)
15:00-18:00
講義
・X線残留応力測定とBL19B2の光学系及び多軸回折計の特長
・課題申請から実験まで
佐藤真直(JASRI)
9月18日(木)
10:00-20:00
実習
装置説明・測定手順デモンストレーション
測定実習
(可能であれば参加者持ち込み試料の測定)

※ 講義のみ、又は実習のみの参加も受け付けます。

※ X線応力測定は1試料当たりの測定時間が長くかかります。 今回の実習は基本的に測定試料のセッティングが各自で出来るようになることを第1目的とします。 実習の最後の持ち込み試料による測定の体験は時間が許せば実施いたしますが、 必ずしもご希望に添えない場合があることをご了承ください。

対象者 ・SPring-8でのX線残留応力測定実験を計画中の方
・課題申請をしたが実験装置の使用経験が少なく、習得したい方
定員 5グループ、1グループ2名以内
申込方法 申込ページ https://support.spring8.or.jp/training/xrd_030918_form.html (締め切りました)からオンラインで申込してください。
申込締切 2003年9月1日(月) 締め切りました
注意事項 ・研修会参加者は下記の文献を参照してきてください。
- X線応力測定法 日本材料学会編集 養賢堂
- X線応力測定法標準 社団法人 日本材料学会 X線材料強度部門委員会編
- X線応力測定法の基礎と最近の発展 1.X線応力測定法の基礎 後藤徹、大谷眞一 「材料」(J.Soc.Mat.Sci.,Japan),Vol.47, No.11, pp.1188-1194, Nov. 1998

・測定試料には以下の制限があります。
 形状は板状でサイズは20mm四方以上50mm四方以下であること(相談に応じます)
 安全、法規上問題のないもの
 汚染、破損、紛失しても構わないもの

本研修会の参加にはSPring8 User登録、放射線従事者登録などの諸手続きが完了されていることが必要です。 また、持ち込み希望サンプルについては、安全管理室審査の手続きが必要となります。 参加受付後これらの手続きに関するご案内をいたします。

・学生の方は「学生保険」等に加入していることが必要です。

・参加者への連絡などは全てe-mailで行います。 参加の手続にはオンライン登録や書類のダウンロードが必要です。 インターネットに接続できる環境をご用意ください。

・研修会への参加は無料です。

・研修会参加者への旅費支給等はありません。

・申込者多数の場合は、当方での調整に一任願います。

・前日および当日に宿泊が必要な方は、SPring-8交流施設 をご利用いただけます(2000円/泊)。
問合せ先

ご質問、ご要望はメールにてお願いします。

実習担当:
 (財)高輝度光科学研究センター
 利用促進部門I
 担当:佐藤 真直
 e-mail : msato@spring8.or.jp

事務担当:
 (財)高輝度光科学研究センター
 利用支援室
 担当:辻 雅樹、竹内 やよい
 Tel:0791-58-0924 Fax:0791-58-0948
 e-mail : support@spring8.or.jp


SPring-8 財団法人 高輝度光科学研究センター 産業応用・利用支援グループ

|講習会/研修会 |産業応用・利用支援Gホーム |お知らせ |研究会情報 |SPring-8ホーム |