BL46XU 硬X線光電子分光(HAXPES)測定代行 ご相談フォーム
申込者氏名 :
所属機関名 :
所属部署名 :
郵便番号 :
所属機関住所 :
E-mail :
電話番号 :


以下、お決まりでない場合は空欄でかまいません

課題名 :
実施希望時期 :  例: 2012年10月10日 〜 2012年12月1日
SPring-8運転スケジュールについては こちらをご覧ください。
BL46XU 硬X線光電子分光(HAXPES)測定代行スケジュールについては こちらをご覧ください。
実施希望時間 :  (※4時間、6時間、8時間のいずれか) 例: 4時間
注意: 測定時間には試料の測定チャンバへの導入、真空引き時間、試料の取り出しも含めます。
立会い希望 : 無  有 
立会い希望者の当該年度SPring-8放射線従事者登録 :
未登録  登録済

 実験内容について
測定予定試料の性質に関して必ずこちらをご確認ください化学物質の物性を確認できるサイト一覧
(※測定対象外となる試料について → リンクはこちら
測定試料の性質について上記内容を確認

測定試料※1 : 物質名※2 / 試料サイズ※3 / 個数※4 / 性質※5 / 安全対策※6
※1 ガスや水分を含む試料など、装置の真空度に悪影響を与えることが懸念される試料、
※1 及び、絶縁物等、試料帯電の可能性がある試料はお受け出来ないのでご了承ください。
※2 試料サイズ・膜構造・膜厚等を明記して下さい。
※2 例: FeNi (20nm) / Au (5nm) / Si基板、基板サイズ:10mm×8mm×厚さ1mm
※2 例: MnSi板、サイズ:5mm×4mm×厚さ1.5mm
※2 例: SnO2粉末をAl基板にこすり付けたもの、基板サイズ5mm×4mm×厚さ1mm
※3 試料の大きさは最大10mm×8mm、最小 4mm×3mm、厚さ2mm以下のものとします。
※1 試料の大きさや取り付け方等についての詳細は、下記資料の4〜7ページをご覧ください。

※2 「BL46XU 硬X線光電子分光 測定手順」
※2 URL: http://support.spring8.or.jp/HAXPES/s-haxpes_manual.pdf
※4 例: 5枚
※5 例: 毒物、劇物、有機溶剤、特定化学物質、毒性、可燃性、無害など
※6 例: デシケータに保管し、破損時の漏洩対策を講じて慎重に取り扱う
試料1

測定内容 : 試料毎の測定条件※1 - 9
例:試料1、内殻準位及びエネルギー範囲(束縛エネルギー):O1s, 520-550 eV;出射角:80度、30度、15度
※1 励起X線エネルギーは8keVで固定とします。
※2 設定可能な束縛エネルギーの範囲は0〜7500 eVです。
※3 設定可能な出射角(直出射が90度として定義)は7〜80度です。
※4 パスエネルギーは通常200eVで設定しています。特にご希望の場合100eVも選択できます。
※5 スリットサイズはcurved 0.5mmで固定とします。
※6 試料の取り付けは大気中で行います。真空ベッセルを用いた試料移送は対象外とします。
※7 真空中・室温での測定のみを対象とします。
※8 中和銃を用いた測定は行いません。
※9 “その場(in-situ)測定”は、対象外とします。

その他 : 不明な点、ご質問などありましたらご記入ください

 

うまくいかない場合は、お手数ですが上記必要事項を明記の上、下記アドレスへご送信ください。
E-mail: daikou46-haxpes@spring8.or.jp