イベント情報 > 研修会
金属系材料のイメージング研修会
締め切りました
概要

SPring-8の産業利用TビームラインBL19B2において、金属系材料を対象としたX線イメージング・ CT(computed tomography)研修会を行います。
2007年7月に実施した金属組織観察に関するSPring-8ワークショップ※に続く研修会になります。
本研修会ではビームラインの光学系や実験装置の特長について学び、ご持参いただいた試料の観察を行うことで、
ユーザー側と施設側の技術レベルに関する認識を共有し、シーズとニーズの結びつきを図る事が目的です。
座学では、X線イメージングとCTの原理について、およびビームラインの光学系と装置について学びます。
実習では、観察例として準備した試料の観察を実演し、また、参加者にご持参いただいた試料の観察も行います。
※このワークショップのテキストは次のWEBから閲覧可能です。
 http://support.spring8.or.jp/document/workshop/Ws_070720.html

日時

2008年 1月 31日(木)10:30(ユーザー手続きは各自10:30までに)〜 2月 1日(金)10:00(測定終了次第終了)

会場

大型放射光施設(SPring-8) 所在地 : 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
実習場所 : 蓄積リング棟 BL19B2)
アクセス : http://www.spring8.or.jp/ja/about_us/access/guide
キャンパスマップ : http://www.spring8.or.jp/ja/about_us/campus/publicfolder_view

プログラム
時間 講義/実習 内容 講演者
‐10:30 ユーザー手続き(各自) 人によって所要時間が異なります。初めて来所の人は早めに来ていただく必要が
あります。手続きについては事務局へ問い合わせて下さい。
10:30-12:00
講義
研修要領説明  梶原堅太郎(JASRI)
課題申請から実験まで 橋本   保(JASRI)
X線イメージング・CT  梶原堅太郎(JASRI)
13:30‐16:00
実習T
ビームライン装置説明
梶原堅太郎(JASRI)
測定デモンストレーション
(アルミニウム合金の粒界修飾の実演と説明)
戸田裕之教授(豊橋技科大)
16:00‐
実習U
参加者持ち込み試料の測定(測定終了次第終了)

対象者

・ SPring-8で金属系材料のX線イメージング・CTを計画されている方
・ 講義・実習ともに参加可能な方(実習Tのみの参加も可)
・(参加には、SPring-8ユーザー登録・放射線業務従事者登録が必要となります。 詳細は参加者の方に後日お知らせします。)

定員

5グループ(1グループ3名までとします)(+5名※)
※実習Tまでの参加を希望される方を、上記5グループとは別に、5名まで受け付けます。
・定員になり次第締め切ります。

参加者選定法

先着順を原則としますが、調整が必要な場合は担当者に一任させていただきます。
  (選定終了次第、参加者の方にはご連絡させていただきます。)

ユーザー持込試料
  1. 実習UのX線イメージング実習では、参加者に準備していただいた試料を、X線透過像観察もしくはCT観察いたします。(空間分解能の目安は数μmです。視野の目安は2mm角です。)
  2. 持ち込み試料に関して、事前に測定実習担当者と十分な打ち合わせを行う事(こちらから後日ご連絡させて頂きます)
  3. <持ち込み試料は1グループにつき1サンプル
  4. 安全、法規上問題のないもの
  5. 汚染、破損、紛失しても構わない物
  6. 見られてかまわない物(他のグループの参加者の方も測定を見ます)
  7. 形状と材質
    *透過像観察の場合は目安として数cmの板状の試料であること。
    板厚および材質は10-30keVのX線の透過率が20%以上になるようにして下さい。
    *CTの場合は直径1.5mm以下の棒状であること。
    条件を満たした直径に対して、10-30keVのX線の透過率が20%以上の材質であること。
その他の注意事項
  1. 実習Uまでの参加には SPring8User登録、放射線従事者登録などの諸手続きが完了されていることが必要です。
    また、持ち込み希望サンプルについては、安全管理室審査の手続きが必要となります。
    (必要な書類:利用申込書(様式10),放射線業務従事者登録申請書件放射線作業従事承諾書(様式5-1), 試料および薬品等持込申請書(様式9))
    ■参加受付後これらの手続きに関する案内をします。
  2. 実習Uにおいて他のグループの測定を見学することは可能です。
  3. データの持ち帰り用にポータブルHDDを持参することを推奨します。 CD-RやDVDでは、容量も小さく、書き込み時間がかかるため不適切です。
  4. 学生の方は「学生保険」等に加入していることが必要です。
  5. 参加者への連絡などは全てe-mailで行います。参加の手続にはオンライン登録や書類のダウンロードが必要です。 インターネットに接続できる環境をご用意ください。
  6. 研修会への参加は無料です。
  7. 研修会参加者への旅費支給等はありません。
  8. 申込者多数の場合は、当方での調整に一任願います。
  9. 前日および当日に宿泊が必要な方は、 SPring-8交流施設をご利用いただけます(2000円/泊)。 決定次第各自手続きをお願い致します。
参加費

無料

申込方法

申込ページからオンラインでお申込みして下さい。
この申込みページはWebブラウザとWebサーバ間の経路における通信内容の漏洩・改ざんの危険性を回避する目的でSSL (Secure Sockets Layer)の暗号化通信をHTTPに実装したものを使用しています。 そのためブラウザによってはアクセスする度に警告がでますが間違いなく暗号化によって保護されておりますので、 そのまま続行して下さい。

申込締切

2007年12月21日(金)12:00

問合せ先

事務局
(財)高輝度光科学研究センター
研究調整部 研究業務課 産業利用推進室担当事務 垣口、濱中
Tel:0791-58-0839 Fax:0791-58-0988 e-mail : workshops@spring8.or.jp