イベント情報 > ワークショップ
締め切りました。
SPring-8ワークショップ「高分子・ソフトマター系の小角]線散乱(SAXS )測定とデータ解析」
概要

最近小角X線散乱(SAXS)が使われる機会がふえています。不透明物質の内部もわかる1nmから
1μmのオーダーの電子密度分布と構造解析の手法として、SPring-8などの高輝度放射光の利用により、
その有用性は急速に広がっていますが、I- q曲線は得られても、その解釈と定量的な議論には敷居が高いというのが
現状のようです.本ワークショップは、SAXS測定に関心のある企業や大学の物作りが専門の方々、SAXSのデータは得られたが
その解析に課題をお持ちの方々を対象に、まずSAXSで何がわかるかを概説し、次いでケーススタディとして、
様々な測定系について、対象系のサイエンスとしての魅力とともに、SAXS曲線を眺めてどこに注目し、
どんなモデルをたてて解析していくのか、そのデータ解析のこつを、第一線で活躍中の先生方に語っていただく予定です.
高分子やソフトマター系のナノ・ミクロ解析に関心をお持ちの方々の多数のご参加を期待しています.

主催

(財)高輝度光科学研究センター(JASRI)

共催

SPring-8利用推進協議会「産業利用研究会」
SPring-8利用者懇談会「高分子科学研究会」および「高分子表面・界面研究会」

協賛

高分子学会・応用物理学会・日本化学会・日本表面科学会

日時

2009年1月23日(金) 13:00〜17:30(研究会) 17:30〜19:00(技術交流会)

会場

日本科学未来館  (東京都江東区青海2-41)
アクセス : http://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

プログラム
     
13:00-13:10 
はじめに 堀江 一之 (JASRI/SPring-8)
13:10-14:00 基調講演 
SAXS測定で何がわかるか? 竹中 幹人 (京都大学)
14:00-15:10 SAFS測定とデータ解析の実際:その1
カチオン性脂質とDNAからなる遺伝子導入剤の構造と機能の相関 櫻井 和朗 (北九州市立大学)
ゴム充填剤系およびスライディングゲルの異方性SAXS 篠原 佑也 (東京大学)
15:10-15:20 休憩
15:20-17:40 SAXS測定とデータ解析の実際:その2
ゲル化する多糖類の分子集合構造 湯口 宣明 (大阪電気通信大学)
偏光板用PVA/ヨウ素延伸フィルムのSAXS/WAXSによる構造解析  宮崎  司 (日東電工株式会社)
ABC星型ブロック共重合体のアルキメデスタイリングと準結晶構造 高野 敦志 (名古屋大学)
微小角入射(GI)SAXSによるナノ表面構造の解析 伊藤 義泰 (株式会社リガク)
17:40-19:00 技術交流会(参加費1,000円) 日本科学未来館 7F「basara」 

対象者

・高分子・ソフトマターの製品開発に関心のある方
・広く高分子・ソフトマターに関する研究課題をもっておられる方
・SPring-8での高分子・ソフトマターの解析実験に関心のある方

定員

70名程度

参加費

 無料(配布資料あり) 技術交流会参加費 : 1000円

申込方法
 以下の申し込みホームページにてお申し込みください。
 https://support.spring8.or.jp/event/announce/ws_090123_form.html
この申込みページはWebブラウザとWebサーバ間の経路における通信内容の漏洩・改ざんの危険性を回避する目的でSSL (Secure Sockets Layer)の暗号化通信をHTTPに実装したものを使用しています。 そのためブラウザによってはアクセスする度に警告がでますが間違いなく暗号化によって保護されておりますので、 そのまま続行して下さい。

申込締切
1月16日(金)
 なお申込者多数の場合は、期日より早めに締め切ることがあります。

問合せ先

事務局
(財)高輝度光科学研究センター
研究調整部 研究業務課 産業利用推進室担当事務 荒木、永井
Tel:0791-58-0924 Fax:0791-58-0988 e-mail : industry@spring8.or.jp